1. HOME
  2. お知らせ
  3. 蛎瀬神楽の湯立神楽道具を展示準備中です

蛎瀬神楽の湯立神楽道具を展示準備中です

国の重要無形民俗文化財「豊前神楽」最大の演目である、「湯立神楽」の道具立てを、豊前岩戸神楽蛎瀬神盛会にご協力頂き、お祭りギャラリーで準備しています。大分県側の豊前神楽では湯立は秘儀とされ、33番(神楽社によっては34番)の演目を1日かかりで行います。クライマックスには湯庭とよばれる竹囲いの中に据えられた高足の湯釜と、柱を中心に「湯行事」が行われます。毎年奉納がある福島神楽社を除き、市内の神楽社は数十年に1度しか奉納しません。蛎瀬神楽では平成28年の国指定記念行事が最後です。

現在、豊前の湯立神楽の特徴でもある、高足の五徳の据え付け作業を行っています。連休中に完成し、1月上旬まで展示される予定です。
めったに見られない神楽道具ですので、ぜひ、お越しください。

お知らせ

お知らせ一覧